「くるみ割り人形」

2012
「くるみ割り人形」撮影

「猫八部衆 アシュラ」とともに、今回の個展のメイン作品となる「くるみ割り人形」の撮影です。

作品のイメージ(ラフスケッチ)を作るときには絵本等の資料を参考にします。
「くるみ割り人形」のイメージ作りにはモーリス・センダックの絵本(洋書)を参考にしました。
1984年刊の初版本です。
久々に開いてみると、センダックの勢いのある絵に圧倒されます。

その他にもマイケル・ヘイグのミニサイズの絵本、こちらは2004年刊になります。

そして二十歳の頃に観たサンリオの人形アニメ(映画)「くるみ割り人形」
当時、まだまだ迷いばかりで、どうしたらいいのか解らない人形作りの参考にしたものです。

これらの資料を参考に今回の「くるみ割り人形」を制作しました。

「くるみ割り人形」撮影