メアリー・ブレア原画展

2012
メアリー・ブレア原画展

会期も残り少なくなった、万代島美術館で開かれている「メアリー・ブレア原画展」に行って来ました。

「イッツ・ア・スモールワールド」はもちろんのこと、「小さな家」や「青い自動車」で、子どもの頃から親しんできたあの絵の作者の展覧会です。
アニメーション・絵本・イラストレーション・広告・舞台とその活躍の場は多様だった用です。

メアリーがアニメーションの仕事を始めることになったきっかけを作ったプレストン・ブレアの作品も展示されていましたが、僕が学生の頃洋書店で購入したプレストンの「ANIMATION]という大型の本を思い出しました。

副題が「LEARN HOW TO DRAW ANIMATED CARTOON」
粘土造形の仕事を目指していた当時の僕にとってもキャラクターを作るうえで、この本はたいへん参考になるバイブル的な存在でした。

僕はディズニーよりもどちらかというとMGMやハンナ・バーベラのアニメのほうが好きだったので、プレストンの描くキャラクターはとても魅力的と感じています。