「ダイビング・キャット」フィギュアメイキング(その2)

2008

「ダイビングキャット」完成までの工程を紹介します。

出来あがっていた(着色前)海ガメとのバランスを考えながら、猫の胴体(ポーズ)を決め、作ります。
海ガメにエアブラシで着色をします。
次にイルカを作り、同じくエアブラシで仕上げます。 筆を使って、目や細部を描き込みます。
ベースになっている岩にアルミのパイプを立て、海ガメ、イルカ、ダイビングキャットを、しっかりと固定します。
透明のアクリル棒を、10本くらい岩に差し込み、先端にクマノミなどの魚をつけ、賑やかに仕上げます。
岩の周りに、鉄道模型で使う樹木をつけ、珊瑚のかわりに飾り付けます。
造形した動物たち(魚たち)を接着剤で、しっかりと固定したのち、透明アクリルグローブ(直径30㎝)をかぶせ、固定して完成です。

今回は宅急便で東京に送るので、輸送中の破損を防ぐため固定を念入りにしました。

納品の直前に、新潟の浜で記念撮影をしましたが、強風の中、何人かのサーファーがカイトサーフィンを楽しんでいました。
その後「ダイビングキャット」は無事にお客様の手へ渡りました。