ピーウィーハーマン・カムバック!

2012年07月14日

2012
peewee playhouse

ちょっと前まで検索しても情報がなかった「ピーウィーハーマン」ですが、昨日なにげなくググってみるとオフィシャルサイトをはじめ、Youtube、Twitter、Facebookとピーウィーの情報が、溢れているではありませんか!

20年ほど前、東京に出張するたびにタワーレコードで、ピーウィーのビデオを一本ずつ購入したものです。
当時日本では、ピーウィーを知る人は少なかったと思いますが、うちの娘はもの心付く頃に「ピーウィーズプレイハウス」を見て育ちました(笑)
子どもの番組の枠に収まりきらない上質な内容で、当時は創作の参考になりました。

登場するキャラクターたちも、カートゥーンキング、ジャンビー、ミスイボーン、カウボーイカーチスといった個性的(強烈)で魅了的なものでした。
トッド・ラングレン、ダニー・エルフマンが、音楽を担当していたことも見逃せません。

僕はカーボーイカーチスと、マトリックスに出てくるモーフィアス(ローレンスフィッシュバーン)が同一人物ではないかとずっと思っていたのですが、今回の検索で間違いなかったことがハッキリしました。
髪型がぜんぜん違いますが(笑)

ピーウィーは1991年に自らが起こした事件で、ほとんど目にすることがなくなりましたが、ティム・バートン監督の映画や、アメリカのテレビドラマなどで時々見かけることはありました。

昨年のThe Pee Wee Herman Show on Broadwayが放映がされたことの影響なのか、アメリカで再ブレイクしているのかもしれません。
あらためてピーウィーのプレイハウスを見てみたくなりました。