絵本「さんまいのおふだ」人形写真の撮影

2012年04月15日

2012

三月は、絵本のお仕事が2本、同時進行だった為、本当にハードな日々でした。

「さんまいのおふだ」山姥と小僧さんが中心となるこのお話、山姥はこれまで作ってきたキャラクターの中でも相当怖いイメージで作ってみました。
撮影は、もちろんスタジオF(t)の渡部さんにお願いしました。

同時進行だったもう一本のお話は「ジャックと豆の木」、「日本のお話」と「世界のお話」を一本ずつ、出版社から依頼があったのですが、二冊同時刊行で、各10ずつ収録されるそうです。

しかも、すべての絵がクラフトによる立体イラストレーションとなるそうで、同業のイラストレーター(10組)の作品で構成されるという画期的なものです。
どんな作家さんが参加するのかは、なんとなく予想はつきますが、誰がどのお話を担当したのかどんな作品に仕上がっているのか興味深いところです。

三月は、この2本と他の仕事も同時進行で無理をしたため、作品を納品した後、体調を大きく崩してしまいました。
間もなく発売となるであろう二冊、本が出来上がったら紹介します。