日本アニメ・マンガ専門学校の卒業式

2011年03月18日

2011
JAM卒業式

3月10日、日本アニメ・マンガ専門学校の卒業式および卒業パーティーがありました。
僕は、マンガのクラスと造形の選択クラスで、キャラクター造形(デザイン)の授業を担当しています。

毎年パーティーの終盤、卒業生から常勤、非常勤の講師に花束が手渡されます。
今年は造形選択クラスの女の子から、花束をいただきました。
「ありがとうございました」という言葉に「こちらこそ、ありがとう」とクラスに参加してくれたことに、感謝の気持ちでいっぱいになりました。

同じ造形選択クラスから、男女一人ずつ皆勤賞を表彰された学生がいました!
二年間、無遅刻・無欠席!
もちろん僕の授業にも毎回きっちり参加して、すばらしい造形作品を完成させてくれました。
この二人は、研究コースに残ることになったので、今年も僕の選択クラスに参加してくれるようです。

そして卒業式の翌日、巨大な地震が東北地方を襲いました。
僕はアトリエで仕事をしていましたが、揺れの大きさと時間の長さに、これまでにないような恐怖を感じました。
地震直後から、仕事をしながらずっとテレビの報道を見ていましたが時間の経過に伴い、その被害の大きさに目を疑いました。
本当にたいへんな悲惨な災害が、この日本で起きてしまいました。
被災に遭われた方々、またその家族の方々に心からお見舞い申し上げます。

「メモリーズクレイ」の制作をするようになって、日本全国の皆様からご注文をいただくようになりました。
現在ご予約いただいている方の中にも東北地方にお住まいの方もいらっしゃいます。
関西方面のお客様からは「新潟はだいじょうぶですか?」といった励ましのメールもたくさんいただいています。
被害にあった地方を、元気な地方が応援する、今日本がひとつになって困難を乗り切ろうという気持ちが伝わってきます。

被害がなかった新潟市に、福島県から避難されて来る方も増えているようです。
昨夜、新潟市体育館に避難されている方に、マスクや靴下、歯ブラシなどの日用品をダンボールにひとつ差し入れて来ました。
会場は暖房が施され、暖かかったことに少しホッとしました。

地震から一週間が経ちましたが今、自分には何が出来るんだろうと考えます。
まずは普段の仕事(生活)を一生懸命続けながら、少しでも募金をしたいと思います。
ZOZOTOWNでチャリティーTシャツを販売していたので4枚購入しました。
1枚購入すると2000円が寄付されるそうです。

普段と変わりなく、仕事や生活が出来ることに心から感謝しながら、一日も早い復興をお祈りします。