愛猫美術-ねこの作品集刊行

2010年06月12日

2010

ARTBOXインターナショナルから「愛猫美術」という作品集が刊行されました。
猫をモチーフにしたイラストやオブジェなど、猫好きのアートファンにはおなじみの作家が、多数掲載されています。

表紙は、僕と同じオーブンクレイを使っているアーチストケリー真美さんのミルフィオリを貼り付けた猫の作品が使われています。
僕の作品も「ガリニャー旅行記」と「ニャックと豆の木」の二点が掲載されています。

各作家のページのプロフィールには、飼い猫の写真やイラストが紹介され、僕のページには「さくら」の写真が載っています。
以下は僕のページのコメント文です。

犬よりも断然猫派だと、最近気付きました。
猫と一緒にいると癒され口調まで変わってしまう自分に驚きます。
高校生のときに飼い始めた猫が21年間、僕の傍にいました。
粘土による猫作品は、この猫が亡くなってから作るようになりました。
そして今一緒に暮らしている猫は、今年で7歳になります。
この二匹の猫、性格はまるで違いますが、どちらも僕の創作活動に癒しのエネルギーを与えてくれるダイモンだと思っています。

(注)ダイモンとは映画「ライラの冒険」に登場する人物たちが、一人に一匹必ず連れている動物の姿をした守護霊のことです。