金星と月のランデブーそしてUFO?

2010年05月16日

2010

5月16日の夕方、細い月と金星が大接近する!ということで、デジカメと三脚を担いで、自転車で海まで行きました。
家から7キロほど走って、海の近くの公園に着く頃には空は藍色に染まり、金星と月が仲良く並んでいました。
公園の風景や海もフレームに入れた写真を何枚か撮って、しばらく神秘的な風景を楽しみました。

7時45分頃、帰ろうと自転車をひいて歩き始め上空を見上げた時、やけに明るい星が二つ光っていたのです、明るさ、大きさともに金星に負けないくらいの二つの星、良く見るとゆっくりと動いているのです。
人工衛星?宇宙ステーション?と思ったのですが、やけに明るいし二つ並んで仲良く飛行というのもおかしなものです。

ゴールデンウィークに、日本上空を通過する宇宙ステーションを見ましたが、雰囲気がまるで違います。
もっと近くにある感じです。
もちろん飛行機でもありません。
写真を撮らなきゃ!とカメラをバックから出そうとしたその時、二つの光はゆっくりと近づいたあと、スーッと消えたのでした。

二つの光に気づいてから消えるまで1分もなかったかもしれません。
光が消えて、はじめてもしかしてUFO?という考えが頭をよぎりました。
二つの光がなんだったにせよ、とても不思議なものを見た高揚感と満足感で心が満たされました。