空手家 服部流越フィギュア完成!

2009年07月20日

2009

久々の更新です。
ここ最近、絵本関係の仕事が続き、久しぶりに目の回るような充実した毎日を送っています。

さて、数ヶ月の製作期間(笑)を経て、親友、服部流越氏のフィギュアが完成しました!
僕はリアルな似顔人形で作るのは、あまり自信がなかったので、漫画家古泉智浩さんのマンガ「ワイルドナイツ」に登場する服部流越をモデルにしました。
もちろん、越道会メンバーでもある古泉さんにフィギュア化の許可はもらっています。

「ワイルドナイツ」に登場するハットリ氏は、ルックスも性格も本人にそっくりで、幼なじみの僕が見ても笑えます。
メイキングをちょっと紹介すると、まずハットリ氏が登場するページを見ながら、イメージを膨らませます。

ポーズはハットリ氏のリクエストで三戦立ちにしましたが、ちゃんと構えているか心配なところです。
頭部・上半身・下半身とパーツ別に制作してから一体に組上げます。

粘土はドールフィモという人形用の透明感のある肌色一色で全体を造形してあります。
ドイツ製のフィモとあって、肌色は色白、ハットリ氏のイメージには合わないので(笑)結局全体をアクリル絵の具で吹きつけ塗装しました。

着色が完成して台座にセッティングすると・・・なかなかいい出来ではありませんか!?
ハットリ氏も、「超うれしい!」と喜んでくれました。
このフィギュアは越道会の休憩室に飾られる予定です。