個展で人気があったキャラクター

2008年12月27日

2008

第四土曜日の今日は、アークオアシスデザイン新潟店での今年最後となる「オーブン粘土教室」でした。
常連の方も多く、毎回10名以上の方に参加いただき、嬉しく思っています!

羊画廊での個展も無事終了し、2008年の粘土細工の日々も、残すところ数日となりました。
個展で人気があった作品は、たくさんの追加注文をいただきました。

現在、「干支かぶり猫」をはじめ干支のキャラクターの追加分を制作中です!
ひとつひとつ丁寧に手作りしているため、時間がかかってしまう場合もありますが、注文頂いた皆様、どうか少しの間お待ちください。

個展で、人気があったキャラクターをいくつか紹介します。

画廊入口の近くにあった「きのこガブリィとポポ」
クリスマスリースを手に持っています。
仕上げの技法としては、「靴に住んでいるお婆さん」と同じく、単色の粘土で造形し、アクリル絵の具で吹き付け塗装してあります。
FIMO本来の色で表現した普段の作品とは、雰囲気が違うので気づいたお客様から好評でした。

金魚蜂に入った金魚のかぶり物を着たブルドッグ「ブルキン」
金魚蜂には本物の水が入れてあります。

そして、猫の魔法使い「ウィザード・キャット」
手に持った水晶玉はフェイクで、ビー玉です(笑)

干支もち&もち干支は個展期間中、毎日追加していました。
ちなみに「干支もち」が100個、「もち干支」が50個完売しました。

2009年も、粘土細工の日々は続きます!